音楽冒険活劇 ペール・ギュント

2012年12月4日〜9日 日暮里d-倉庫 音楽冒険活劇「ペール・ギュント」の、稽古場日誌です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ペール・ギュント~稽古場前線レポその4~

なんだかどうやら、

「ペール・ギュント」の稽古場が戦場らしい、という噂が広まっています・・・・・。

ちょっとちょっとぉ、清く正しく楽しい稽古場日誌で「戦場」なんて殺伐したこと言いだしちゃったの誰?!

私だ!

皆さま、わんばんこ。「ペール・ギュント」の謎の人員、モスクワカヌです。


さて、稽古場では特になにもしていない私ですが、
稽古場日誌にちょいちょいお邪魔した結果、どうやら私が発端で、「稽古場日誌」を「前線レポ」にしてしまったらしく・・・・言いだしっぺとして、責任を感じております。

いや、あの、確かに戦場かそうでないかと聞かれたら、戦場ですけれど、別に出演者同士が戦ってるわけじゃないですからね?

ある日催眠ガスをかがされて一つの稽古場に集められた俳優たちが、突如あらわれた演出家に「今から君たちに戦争をしてもらいます。」なんて言われて、バトルロワイヤルしてるわけじゃないですから。

むしろ稽古場では、大勢の出演者が互いに助け合いつつ、演出家の舵取りのもと、和気あいあいと巨大な敵(と書いて、ともと読む以下略)と戦っているのです。

出演者が一丸となって戦っているのは、作者のイプセン本人が、

「ごめん。ごの戯曲、書いたはいいけど上演にはむかないNE!テヘペロ☆」

とか言っちゃってる戯曲。「ペール・ギュント」。
(つまらないからじゃないですよ。巨大すぎるのです。。。。。なにせオリジナルは上演時間7時間超!)

イプセンはこの戯曲を「歴史」とも言っているそうなのですが、そう、一人の人間の歴史。魂の遍歴。男と女、神様と悪魔、その他汲めども尽きせぬエレメントだらけの戯曲。それが「ペール・ギュント」。

今日は、前に私が稽古場に伺った時と同じ場を稽古されていたのですが、「ペール・ギュント」という戯曲の鉱脈から掘り出されたばかりで荒削りの原石のようだった場が、カットもより複雑な鑑賞される宝石となるべく、前回見た時よりずっと磨かれておりました。

この宝石を磨いて、魂まで吹き込むためのたゆまぬ稽古はまだまだ続きます。
つまり、まだまだまだ、この舞台、面白くなるということ。

イプセンも仰天。


皆さま、「ペール・ギュント」ぜひぜひ、ご来場ください!

ご予約は、こちらから。

チェキラ★


モスクワカヌ
スポンサーサイト

| 稽古場 | 02:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://peergynt2012.blog.fc2.com/tb.php/18-ec376573

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。