FC2ブログ

音楽冒険活劇 ペール・ギュント

2012年12月4日〜9日 日暮里d-倉庫 音楽冒険活劇「ペール・ギュント」の、稽古場日誌です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ペ-ル・ギュント 開幕!

音楽冒険活劇「ペ-ル・ギュント」、昨日いよいよ開幕いたしました!

なんていうか・・・・私の目の黒いうちに、東京でオリンピックが開催されたとしても、こんな感慨深くないと思います。

劇場に入り、明かりがつき、お客様をお迎えして、芝居に血が通いだす。
勿論そうなるためには、その血がちゃんと巡るよう、戯曲のあらゆる部分に稽古で道をつけていなくてはなりません。

そう。
皆様、いざ芝居に血が通いだした時、それがきちんとお客様の目の前に立ち上がり生き生きと動き出すために、この一月、戯曲のすみずみまで神経を張り巡らせ、血管を通していたのかもしれません。
時に己みずからの血管をきらしそうになりながら・・・・・。

思えば稽古中・・・。

「石丸さん!大変です!主演の一色さんが戯曲の山場を攻略しようとして・・・・・・・!」
「洋平!しっかりして!」
「ぐふぅ・・・・だけど・・・僕の流したこの血がっ・・・・・戯曲に命をっ・・・・・。」
「ドMの反応だわ・・・」←佐伯静香さん
「立てっ!立つんだ洋平!」
「燃え付きたぜ・・・・真っ白にな・・・・ついでに髪も真っ白に・・・・・・。」
※染めです。
「洋平、血吐いてるとこあれなんだけど、ペールのソロから稽古再開だから。」←作曲演奏の伊藤さんの通常運転。

まあ、こんな場面は特にありませんでしたが。

だがしかし、気持ち的にはこれくらいの稽古ではあったかと。

「ペ-ル・ギュント」の舞台でもあるノルウェーの、厳しく広大な大自然にも似た劇世界。本当に本当に、出演者の皆様は、己みずからのあらゆるゲージをリミットブレークさせて、このクエストを攻略してこられたと思います。

公演は文字通り、これからが本番。
今日までの日を走りつづけた出演者スタッフの皆様に贈りたい拍手は、千秋楽まで大事にとっておこうと思います。

チケットは、土日完売!ですが、平日は各回、若干ご用意が出来るとのこと。

熱い熱い命の舞台、「ペ-ル・ギュント」に、ぜひご来場ください。

モスクワカヌ
スポンサーサイト

| 未分類 | 10:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://peergynt2012.blog.fc2.com/tb.php/65-4a07ad90

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。